前はリアクト、後ろは270!ナイキの最新技術が2つも入ってるぞ!

ここ最近のナイキは、過去に発売された名品に最新テクノロジーを搭載した“新旧ハイブリッドモデル”を続々と登場させています! 「エア ヴェイパー マックス 95」や「エア ヴェイパーマックス プラス」といったマックスシリーズや、2000年の登場したエア プレストにリアクトソールを履かせた「リアクト プレスト」などで、いずれもヒットしています。

そんなナイキが展開するハイブリッドモデルに、今季新たな刺客が現れました。それが「エア マックス 270 リアクト」! まだ登場して間もないエア マックス 270に、これまた出たてのリアクトソールが掛け合わされた、最新モデル同士のフュージョンとなるのです!

そしてこちらのモデル、ソールに要注目。前部は、複雑なトレッドパターンと硬度に強弱を付けることで安定したクッション性を実現しているリアクト。そして後部は、32mmの高さを誇る“270° MAX AIR”を配置。これまでの新旧ハイブリッドよりも一歩先を行く、最新テクノロジー同士のフュージョンモデルが誕生したのです!

 

【次ページ】フワッと弾んでグイッと進む!