スノボにIoT!転ぶ理由もデータ化で分かる「SNOW-1」

荷重状態とともにフォームもビデオに記録できる「Video」モード。上級者とゲレンデに行ったら是非撮ってもらいたい。

2015年に開催されたCES(北米最大の家電見本市)で発表され、多くの注目を集めた日本のハードウエアベンチャーCerevoの「SNOW-1」。同社のスマート・スポーツブランド「XON」シリーズの第一弾で、Bluetoothによる通信機能や各種センサーを搭載したスノーボード用のバインディングだ。

ボードに掛かる荷重データや加速度データなどをリアルタイムでタブレットやスマートフォンに転送することができる。発表後、何度も試作、検証を繰り返し、改良を重ねた結果、CESでの発表から約1年となる、2015年12月に一般発売がスタートした。

関連記事:「カギなくした?」「財布落とした?」がなくなる!どこにあるかスマホで分かります

■スノボの滑りをデータ化!映像で転ぶ理由も分かりました! 続きを読む

関連するキーワード