【試乗】ミニバン&SUVもスポーティに!NISMOセレナ/エクストレイル

NISMO セレナ

NISMO、TRD、STI、無限の4社が集まって、静岡県のサイクルスポーツセンターで開催された「2016年ワークスチューニンググループ合同試乗会」。

NISMOパーツをふんだんに使って走りをブラッシュアップした「GT-R」に続き、今回はミニバンの「セレナ」、SUVの「エクストレイル」を紹介します。

用意された試乗車は、セレナ、エクストレイルともに「NISMOパフォーマンスパッケージ」を装着したクルマ。

ご存知のように、最近のNISMOはコンプリートカーの開発にも熱心で、中にはカタログ内の1グレードとして設定され、普通の日産車となんら変わることなく購入できるモデルもあります。GT-R、「ファレディZ」、より身近なところでは、「ジューク」や「ノート」、「マーチ」にも、NISMOグレードが設定されます。

一方、従来どおり、日産のモデルごとに空力パーツ、足まわりを中心としたスポーツ部品やアクセサリーなどを、単体で販売しています。

そんなコンプリートカーと単体パーツ販売の間とを埋めるのが、このNISMOパフォーマンスパッケージといっていいでしょう。コンプリートカーを開発するまでには至らなかったけれど、NISMOパーツ設定の要望が高いモデル向けに、セットでNISMOパーツを提案。コンプリートカーに近い仕上がりを狙ったパッケージです。これまで「エルグランド」と「リーフ」に、同パッケージが提供されてきました。

 ■セレナ:ミニバンらしからぬハンドリング

続きを読む