吉田由美の眼★「体は売っても魂は売れない…」アバルト 124スパイダー

2016年下半期の注目車のひとつは、なんといってもアバルトの「124スパイダー」。

そんな話題モデルをいち早く体験したのは、“美人すぎる自動車評論家”の吉田由美さん。

日々、クルマの楽しさを人々に伝える人気カーライフ・エッセイストが注目したのは、走りでもフォルムでもなく、印象的な124スパイダーのボディカラーでした!


今回は、いきなりドッキリさせちゃうタイトルでごめんなさい。実は、ボディカラーのお話なんです。

アバルトの新型「124スパイダー」は、マツダ「ロードスター」をベースに開発された2シーターのオープンスポーツモデル。生産もマツダの広島工場で行われている、まさに“兄弟”車です。

アバルト 124スパイダー×吉田由美さん

とはいえ、エンジンはイタリアからフィアット製の1.4リッター“マルチエア”4気筒ターボエンジンを取り寄せ、内装、足回り、ブレーキ、制御系などはすべて、アバルトのレーシングチームが手掛けたものです。なので思いのほか、走りのフィーリングが違うんですねぇ。

 ■マツダがソウルレッドの提供を拒んだ!?

続きを読む