【ルノー トゥインゴ】フランスの小型車がポルシェ 911と同じ駆動方式を採用した理由

ルノー トゥインゴ

9月15日から日本でも販売が始まるルノー「トゥインゴ」に乗って来ました。

トゥインゴはいうまでもなく、フランスの、そして欧州における、最もベーシックなアシグルマの1台。個性的で、チャーミングなコンパクトカーです。

新型トゥインゴのボディ形状は、これまでの3ドアハッチバックから、左右に2枚ずつのドアを持つ5ドアハッチになりました。日本仕様は右ハンドルで、エンジンは0.9リッター直3ターボ(90馬力/13.8kg-m)。トランスミッションはデュアルクラッチ式の6速ATです。価格は「トゥインゴ インテンス」が189万円、「同キャンバストップ」が199万円と、どちらも200万円を切っています!

ルノー トゥインゴ

ちなみに、日本発売を記念して用意された特別仕様車「トゥインゴ サンクS」(169万円)は、1リッター直3のNA(自然吸気)エンジンに、3ペダル式の5速MTを組み合わせたモデルでした。限定50台だった同車は、受注を開始するやいなや、アッという間に売り切れてしまったのだとか。ルノー・ジャポンは、コアでエンスージアスティックなクルマ好きのハートを、しっかりつかんでいますね!

サンクSに対するユーザーからの熱い反響に驚き、そして喜んだルノー・ジャポンは、遅ればせながら、2017年からトゥインゴの“NAエンジン+5MT”バージョンをカタログモデルとして用意。常時、買えるよう準備しています。メデタシ、メデタシ!?


<関連記事>
【試乗】通も納得 フレンチベーシックの快活な走り


 ■小回りは軽自動車のスズキ「ワゴンR」よりも効く!

続きを読む