【日産 GT-R 試乗】速いだけじゃない!2017年モデルが見せる“意外な一面”とは?

日産 GT-R

「GT-R」がこんなにラグジュアリーでいいのでしょうか…!? 日産「GT-R プレミアムエディション」(1170万5040円)の2017年モデルに試乗して、ビックリしてしまいました。

和製スーパースポーツとして、どうしてもメカニカルな部分に焦点が当たりがちなGT-Rですが、一方で、プレミアムモデルとしての役割も担っているので、魅力的なボディペイントは大事なポイントです。

試乗車のボディカラーは、新色の“アルティメイトシャイニーオレンジ”(32万4000円のオプション)。“洗練されたキャラクターを表現”した色なのだとか。塗装方法も凝っていて、平滑性を高めるためカラーアルミを蒸着させた下塗りに、4層の上塗りを施すという贅沢な仕上げ。ノーマルカラーとは一線を画した、ちょっと“大人な”地味派手カラーです。

プレミアムエディションの特権、オプションの“ファッショナブルインテリア”(54万円)にもカラーバリエーションが追加され、従来のアンバーレッド、アイボリーに加え、タンとアーバンブラックが選択可能となりました。

日産 GT-R

セミアニリン本革シートがおごられた、これまた贅沢なインテリアですね。もちろん、ドアの内張り、インパネ、シフトレバー、そしてステアリングホイールなどにも、タンのレザーが使われます。外装色と併せ、まさに大人向けのしつらえといえるでしょう。

■意外なほどスムーズで静かな2017年仕様GT-R

続きを読む