走る、寝る、休む…すべて万能な1BOX型キャンピングカー6選

キャンピングカーはなんとなく「室内で寝られて炊事もできるクルマ」とひとくくりにしてしまいがち。ところがキャンピングカーにはいろいろなジャンルがあり、ベースとなるクルマも変わってきます。ここで、人気の2タイプを紹介しましょう。

 

▼キャブコンバージョン(キャブコン)

キャビンの後ろにキャンピングカーとしての居住スペースを架装したタイプ。一般的にトヨタカムロードなどのトラックをべースに作られます。魅力は広さを最大限に活かした居住スペースの快適さ。大勢で過ごせる豪華なリビング、常設ベッド、キャビン上に設けたバンクベッド、さらにトイレやシャワーもついています。

 

▼バンコンバージョン(バンコン)

バンをベースに、2列目席より後ろにリビングスペースやベッド、シンクなどを架装したタイプ。トヨタハイエースや日産NV350キャラバンなどの1BOXタイプをベースに製作されますが、最近ではミニバンをベースに架装したバンコンもあります。スペースに限りがあるためソファとベッドを共用するのが一般的。ルーフが上がってテントになるポップアップルーフを取り付けたものもあります。なお、1BOXの運転席から後ろをカットし広大なリビングスペースを架装したものは、小型のキャブコン扱いになります。

 

■キャブコンはもちろん快適だけどバンコンだって十分快適

続きを読む