走りの次はインテリアだ!マツダ デミオが挑むコンパクトカー革新

実は私、以前からマツダのコンパクトカーづくりの巧みさを、密かにリスペクトしておりました。

初代「デミオ」は、機械式駐車場に入るギリギリの高さまで車高を上げ、車内空間を広げたトールワゴン。コンパクトカーはヒロインだ! じゃなく、広いんだ! と感心しました。

2代目デミオでは、上位モデルに使うのと同じダンパーを、贅沢に投入。コンパクトカーの乗り心地なんてこんなもの…そんな諦めから解放してくれました。

3代目デミオでは、大型化傾向にあったコンパクトカーの中で、あえてダウンサイジングを敢行。やっぱりコンパクトカーはこうでなきゃ! と改心じゃなく、感心させてくれました。 続きを読む