【MINI クロスオーバー試乗】存在感は抜群!室内も“使える”実力派コンパクトSUV

個性派コンパクトカーとして高い人気を誇るMINIファミリー。中でも、とびきりの存在感を放つSAV(BMWとMINIはSUVのことをこう呼びます)スタイルのボディをまとったMINI「クロスオーバー」が、2世代目へと進化を遂げ、日本上陸を果たしました。

先代のクロスオーバーといえば、躍動感あふれるスタイルに加え、いち早く日本仕様としてディーゼルエンジンを採用するなど、何かと話題が多かったモデル。ですから「新型の内容が気になる!」という方も多いのでは? 今回のモデルチェンジでは、エンジンラインナップの見直しによる燃費や動力性能の引き上げ、安全装備など各種先進機能の充実、そして、ボディのサイズアップによるユーティリティの向上などが図られたとのこと。

一方、コンパクトSUVといえば、メルセデス・ベンツ「GLA」やフォルクスワーゲン「ティグアン」を筆頭に、今、各国の自動車メーカーがしのぎを削るカテゴリー。アウトラインや公開されている写真からは“正常進化”という印象を受けますが、新型MINI クロスオーバーは初代のコンセプトをなぞったたけのクルマなのでしょうか? 公道でステアリングを握るチャンスに恵まれましたので、その印象をレポートいたします。

【次ページ】新型MINI クロスオーバーの室内はより広く、より上質に