マツダCX-3がディーゼルだけを選んだ理由:岡崎五朗の眼

正式デビュー前から、国内外で高い注目を集めていたコンパクトSUV、マツダ「CX-3」。その最大の特徴は、なんといってもエンジンラインナップでしょう。

設定されるのは、マツダ自慢のクリーンディーゼルエンジン“SKYACTIV-D 1.5”のみ。にもかかわらず、2月27日の正式発表後、およそ1カ月で累計1万台超の受注を記録。フットワークやデザインの良さも相まって、今もその人気は衰え知らずです。

そこで疑問なのが、CX-3はなぜ、ガソリンエンジンを設定しなかったのか? という点。その理由を、年間250台近い最新車種を試乗する人気ジャーナリスト、岡崎五朗さんが分析します。 続きを読む