新作は125cc!最高の遊びバイク「モンキー」シリーズを振り返る!

小排気量車の代名詞的な存在となっているのがホンダの「モンキー」シリーズ。1967年の初期型「Z50M」に登場以来、50年を超える歴史を持つモデルですが、2017年に惜しまれつつも50ccモデルは生産が終了。翌2018年に125ccエンジンを搭載した「モンキー125」として復活したのも記憶に新しいところです。

[関連記事]【ホンダ モンキー125試乗】大きくなってもデザイン&走りはモンキーらしさ濃密!

そんな「モンキー125」に新カラーが追加され、3月に開催された東京モーターサイクルショーでお披露目されました。大人でも“遊べる”プレイバイクとして高い評価を受け、125ccクラスにサイズアップしても人気の高い「モンキー」。そんなモンキーシリーズの系譜を振り返ってみましょう。

【次ページ】「100」と付くけど50cc

関連するキーワード