【ホンダ モンキー125試乗】大きくなってもデザイン&走りはモンキーらしさ濃密!

ホンダの“新しい「モンキー」”こと「モンキー125」を路上で見たら、ちょっと意外でした。

かつてのモンキーといえば、全長1365mm、シート高660mmのボディに、50ccの単気筒エンジンを積んだマイクロバイク。小さなシートに、ちょこんと人が座る姿がユニークで…というバイクでした。だから、排気量が125ccになり、全長1710mm、シート高が775mmにまで成長したモンキー125には「微妙な違和感があるのでは!?」と予想していたのですが、日常の風景にすんなり収まっていたのです。

もちろん、歴代モンキーのコレクターの方や、50cc時代のモンキーを愛用している人は、また違った感想を抱くでしょう。でも、東京モーターショー2017でコンセプトモデルとして展示されたモンキー125を見て「なるほど、モンキーそっくりだ!」と薄っすい印象を得た程度のにわかライダー(←私のことです)は、別段、拒絶反応なく新型モンキーを受け入れられました。

【次ページ】モンキーらしく見えるのは元祖の意匠が秀逸だったから!?