スターバックス流 おいしいアイスコーヒーの作り方③[コールドブリュー編]

スターバックスに聞く、おいしいアイスコーヒーの作り方。第3回は最近注目度が高まっているコールドブリューコーヒーです。

コールドブリューコーヒーとはいわゆる水出しコーヒーのことで、実は日本では、昔から“ダッチコーヒー”という名前で親しまれていました。元々アメリカでは、アイスコーヒーを飲むという習慣はなかったのですが、スターバックスなどがコールドブリューコーヒーを販売することでブレイク。一気に広まった飲み方です。

コールドブリューコーヒーと言葉で聞いてしまうと、何やら難しそうなイメージがありますが、作り方はとても簡単。ドリップコーヒーのようなコツも必要ないので、誰でも気軽に楽しめます。

今回は、スターバックスで発売されている「スターバックス コールドブリュー コーヒー ピッチャーパック」(2パック入り 1600円/税別・以下同)を使った作り方と、プレス式コーヒーメーカーを使った作り方を、コーヒー豆の商品マネジメントを担当しているスターバックス コーヒー ジャパンの柴田さんに教えてもらいました。

 

[スターバックス流アイスコーヒーの作り方 INDEX]
第1回 アイスコーヒーの基礎知識
第2回 アイス ドリップコーヒー
第3回 コールドブリューコーヒー
第4回 アレンジアイスコーヒー
第5回 アイスコーヒーの器具

 

【次ページ】まずはパックを使ってらラクラクコールドブリューから