スターバックス流 おいしいアイスコーヒーの作り方①[基礎知識編]

暑~い夏に冷たいアイスコーヒー、おいしいですよね。ところでみなさんは、アイスコーヒーを飲みたいなと思った時、どうしていますか? お店で飲む? 買ってくる? たしかに、自宅でアイスコーヒーを作っているという人はあまりいないかもしれません。

実は、自分でアイスコーヒーをいれることは、さほど難しくありません。普段、ハンドドリップやプレスでコーヒーをいれている人はもちろんですが、自分でコーヒーをいれたことがないという人でも、コツさえ覚えれば簡単にいれられます。

そして自分でいれたら、きっと気付くはず。“アイスコーヒーはいれたてが一番おいしい!”ということに。

そこで今回、スターバックスコーヒーに協力を依頼し、おいしいアイスコーヒーのいれ方を教えてもらいました。もちろん、記事に出てくる道具やコーヒー豆は、すべてスターバックスで取り扱っているものばかり。だからこそ、いざやってみようと思った時にすぐに実践できるはず。

教えてくれたのは、コーヒースペシャリストの田原象二郎さんと、コーヒー豆の商品マネジメントを担当している柴田俊和さんのおふたり。これを機に、スターバックス流の“アイスコーヒーのいれ方”を覚えて、カフェクオリティのアイスコーヒーを堪能してみましょう。

 

[スターバックス流アイスコーヒーの作り方 INDEX]
第1回 アイスコーヒーの基礎知識
第2回 アイス ドリップコーヒー
第3回 コールドブリューコーヒー
第4回 アレンジアイスコーヒー
第5回 アイスコーヒーの器具

 

まずは、豆の選び方からいれ方の種類まで基本的なことを知る「アイスコーヒーの基礎知識」から。

【次ページ】知れば知るほど楽しくなる