手順を覚えれば実は簡単!タープのたて方【初めてのキャンプ②】

2本のポールと張り綱(ガイライン、ガイロープ)でバランスをとるタープは、設営が大変そう! ですが、風がない日であればひとりでも簡単に設営できます。

 

[特集]初めてのキャンプ

テントをたてる場所選び
タープのたて方
ドームテントのたて方
キャンプリビングの作り方
テントのたたみ方
⑥タープのたたみ方

 

1. まずは地面に広げる

キャンプサイトにテントとタープを広げて、レイアウトを確認します。

自立して微調整しやすいドームテントとの組み合わせなら、タープを先に設営。ワンポールやトンネル型など自立できないテントとの組み合わせなら、ペグの数が多いほうを先に設営すれば、最後に微調整しやすくなります。

 

2. 付属品を確認

ポールをまっすぐに伸ばし、張り綱を長さごとにわけておきます。大抵の場合、メインポール用の張り綱は長く、二又になっています。

付属のペグはプラスチックペグであることが多いのですが、河原など硬い地面には不向きです。できれば鍛造ペグなどタフで長めのペグを用意しておきたいところです。

【次ページ】ポールや張り綱も地面において位置を確認