ふたつと同じ柄がないこのバッグ、素材がちょっと特殊なんです

古くなった自動車のタイヤは、その多くが回収されて役目を終えることになりますが、素材としての堅牢性や形状を活かし、農業や漁業などの他分野でリユースされるケースも多く見受けられます。

モンドデザイン社が展開しているSEAL(シール)は、日本では初となる廃タイヤチューブを素材としたバッグやスニーカーを発表して注目を集めているメンズファッションブランド。その最新作は“廃タイヤチューブの溝”をデザイン柄として楽しむというコンセプト「モザイクシリーズ」のバッグ3種類です。

【次ページ】大型トラックの使用済みタイヤチューブをそのまま利用