コーヒーが直面する危機的未来を救う鍵と4つの証言[コスタリカコーヒーツアー後編]

スターバックスは世界中のコーヒー農家からコーヒー豆を購買しています。世界で3万店舗近くあるので、その量はかなりのものです。そしてその購買先は、ほとんどが小規模農家。世界唯一のスターバックス自社農園があるコスタリカでも、ほとんどは小規模なコーヒー農園です。

コスタリカコーヒーツアー2日目は、そんな小規模農家を訪ねました。

そして、それら小規模コーヒー農家の話に出てきたのは、やはり“C.A.F.E.プラクティス”でした。

[関連記事]世界唯一のスターバックス自社農園で知ったコーヒーの大問題[コスタリカコーヒーツアー前編]

約30年後には、コーヒーの主品種であるアラビカ種が、いまの半分しか取れなくなるかもしれないというコーヒーの2050年問題。世界中のコーヒー関係者が直面しているこの問題にいまできること、それがこのキーワードに隠されていたのです。

【次ページ】証言1「自然にとって必要なこと」