ルンバを日本に広めた企業が、次に注目したのはハイブリッドスマートウォッチ

セールス・オンデマンドといえば、iRobotのルンバを日本に輸入し、広めた代理店。ロボット掃除機の国内での先駆であり、日本人のライフスタイルに変革をもたらしたと、言っていいだろう。そんな目利きの同社が今回選んだのは、ハイブリッドタイプのスマートウォッチ。

スマートウォッチ市場は、現状、Apple Watchの一強が続いている。そんな中で、同社が選んだのが「GLAGOM ONE(グラーゴム ワン)」。最大30日間という驚異的なバッテリー持続時間を備えているのだ。そんな同機のファーストインプレッションをお届けする。

機能とデザイン両面でミニマムな形を実現