ニッポン珍味紀行〜福井県「イカのへしこ」を作ってみた!

「へしこ」とは、魚のぬか漬けである。魚を塩漬けにした後、ぬかに漬けて1年くらい貯蔵する。福井、石川、京都の丹後半島などで作られている郷土食である(ただ「ぬか漬け」という場合もあり、石川では「こんか漬け」などとも呼ばれている)。

へしこの語源は、若狭言葉で樽に押して漬け込むことを「圧し込む(へしこむ)」と言ったことから、との説もある。元々は、寒い冬の間の栄養源として重宝された保存食だったが、発酵食品特有の、えもいわれぬ深い旨みが人気を呼び、最近は首都圏の居酒屋などでも見かけるメニューである。

関連記事:ニッポン珍味紀行その他記事

■酒のつまみにご飯のおともにぴったり! 続きを読む

関連するキーワード