中国・越境ECの雄「Aliexpress」で見つけた自転車パーツを買ったらヤマトで届いた!

【好奇心は世界を巡る ー自腹で海外通販を使ってみたー】

好奇心が世界にいざなう。スマホやPCから簡単に繋がる世界。それが海外通販。

現在は円安のため、あまり価格という面では旨味がありませんが、国内にはあまり流通していない、もしくは手に入らない商品も、海外のECサイトを利用すれば入手できます。

ひと昔前はハードルの高いと思われていた海外通販も、ブラウザの自動翻訳機能などで、今や国内通販とあまり変わらない感覚で利用可能です。そんな海外通販を利用し、実際にライターが自費で購入したものを紹介します。今回は、中国のAliexpress.com(通称アリエク)で購入した、自転車パーツです。

*  *  *

Aliexpress.comはアリババグループの個人消費者向けのオンラインマーケットプレイス。アリエク自体が商品を仕入れて販売するのではなく、フォーマットは同じですが各ショップが出店し販売している、Amazonのマーケットプレイスのようなカタチになります。ちなみに不良品や極度の到着遅延に対する返金などは運営のアリエクが行ってくれます。その対応スピードは、日本のECよりも素早く丁寧な部分もあります。また、購入金額や回数が増えることでユーザー会員のランクが上がり、値引きや返品対応などでより利用者に対して優位に働きかけてくれることもあります。

海外通販だからといって、日本国内のECサイトより危険、ということはありません。
バイアスを持たず、好奇心のままに世界の通販を巡ってみたいと思います。
 

【次ページ】価格よりも何よりもそこにしかないモノが見つかることが魅力

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連するキーワード