ニッポン珍味紀行〜青森県「いがめんち」の魅力を探る

青森県、津軽地方独特の郷土料理「いがめんち」。一度聞いても、ん?? と聞き返してしまう、得体の知れない食べ物(発音も語尾を上げる独特の津軽弁で、最初は聞き取りづらい)だが、津軽の人はみんな好きだという。イカを「イガ」というのが津軽弁。イカのゲソ(足)と野菜を細かく刻んで小麦粉と混ぜ、焼いたり揚げたりした「イカのメンチカツのようなもの」なのだが、津軽弁でちょっとなまっていがめんち、となる。

元々は家庭料理で、イカと野菜さえ入っていれば、あとはそれほど難しい定義がない。まとめたタネも焼いたり、揚げたり、作り方はアレンジ次第で自由。青森でも主に弘前周辺で多く作られ、他ではあまり見かけない。弘前では、スーパーや市場にもよく並んでいるし、居酒屋でもかなり頻繁に登場する、人気の料理である。しかし、実はそれは最近になってのことらしく、一時期はいがめんちが世の中から消えてしまいそうな危機(?!)だったらしい。

[関連記事]ニッポン珍味紀行その他記事はこちら!

いがめんち復興に力を注いだ「いがめんち食べるべ会」へ!

続きを読む

関連するキーワード