ロードスターだけじゃない!名車アタリ年「1989年」を振り返る

2017年8月、マツダが初代ロードスター(NA)のレストアサービスを2018年初頭よりスタートするというニュースが流れました。NAロードスターがデビューしたのは1989年。もう30年近く前になるんですね。これからもずっと乗り続けたいと考えているNAファンにとって、このニュースは大歓迎されました。

NAロースターがデビューした1989年は、自動車ファンの間では「国産車のヴィンテージイヤー」と呼ばれたりします。ヴィンテージイヤーとはワインの原料となるぶどうが良質だった当たり年のこと。つまり、1989年は現在でも伝説的に扱われる国産車が数多くデビューしたのです。

1980年代、日本は空前の好景気。日本の自動車メーカーは世界の自動車メーカーに肩を並べるべく、潤沢な資金を投じてさまざまなクルマを開発しました。また開発費に余裕があるため、これまでにない斬新なコンセプトのクルマを作ることもできました。1989年はそんなクルマが一気に登場。その中には、ロードスターをはじめ、現在でも多くのファンがいて中古車市場で高値で取引されているクルマもあります。そんな1989年生まれのクルマを振り返ってみましょう。

【次ページ】ライトウェイトオープンの魅力を世界に再確認させたロードスター