初版以来の限定復活!青い『新明解』はレア度高し!

そんな『新明解国語辞典』が発売されたのは、1972年。当時、辞書の保守的なイメージを払拭するため、カラフルな赤、白、青の三色で発売されました。第二版以降、青版は姿を消していましたが、今回、その由緒ある「青」の限定販売により、赤い「第七版」、白い「第七版 特装版」と合わせて、実に45年ぶりに三色が揃い踏みすることに。

170228_sanseido_02

この『新明解国語辞典 第七版 特装青版』は初刷のみの限定販売。ファンの気持ちをくすぐるレアアイテムとなっています。今や紙の辞典を持っていない人も多いですが、新明解が手元にあれば詳細な解説により、ネットで調べるよりも理解が深まり、パラパラめくっては「この言葉にこんな語釈を(笑)」なんて楽しむこともできます。

これから辞典を買おうという人も、どうせ買うならレア度の高い「青版」で決まり。歴史とこだわりを感じながら開きましょう。価格は3240円です。

>> 三省堂「新明解国語辞典 第七版 特装青版」

 


[関連記事]
スマホより早い!?文字を「ナゾル」ペン型電子辞書は意外と便利だった!

読書から手料理の撮影まで!調光可能なワイヤレスLEDスタンド

「休日は読書派」のアナタのための便利グッズ5選


(文/&GP編集部)

トップページヘ