2017年8月21日、世紀天体ショー“皆既日食”をアメリカで体験!

2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで皆既日食が起こったのをニュースなどで見た人も多いはず。皆既日食は新月の時に発生する現象で、地球と太陽の間に月が入り込み、月が、地球からの見かけ上の大きさがほぼ同じ太陽を覆い隠します。

実は日食自体はそれほど珍しい現象ではなく、だいたい1~2年に一度くらいのペースで発生します。ただし皆既日食ではなく、地球と月の公転の関係で太陽が完全に隠れずリングのように残る金環日食(金環日食は部分日食の一種)になるケースもあります。また、日食が発生してもそれが陸地から見られるとは限らず、また陸地だったとしても日本からのアクセスが非常に悪い可能性があります。ちなみに前回(2016年)の皆既日食はインドネシアの島を通ったものの、ほとんどは太平洋上。その前(2015年)は北極海などで発生しました。

それでも皆既日食を観測したければ、仕事などを放り投げて意地でもそこに行くしかありません。でも、まともな社会人をやっていると現実的ではありませんよね。今回のようにアメリカ大陸を西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州まで14州に渡り横断。しかも日本の夏休みの時期に重なるという好条件は極めてレア。この機会を逃す手はありません。

【次ページ】日食により「史上最悪の渋滞」が発生!? 現地でまともに動けるのか