テーブル?焚き火台?高品質なのに3500円のONOE「マルチスタンドplus」【アウトドア銘品図鑑】

焚き火でダッチオーブン料理をするとき、困ってしまうのがふたをどこに置くか。地面に直接置くと土がついてしまいそうだし。そんなときに役立つのが耐熱焚き火テーブルです。いろいろなメーカーから発売されていて、価格は1万円前後。ローテーブルに1万円、正直、ちょっと悩みます。

ところが、高コスパのキャンプギアで快進撃を続けているONOEから、ありそうでなかった耐熱テーブル「マルチスタンドplus」(オープン価格 参考価格3500円/税別)が誕生しました。

ONOEは1948年創業の尾上製作所のオリジナルブランド。トタンバケツからスタートした尾上製作所は、トタンをはじめとする鉄板加工のプロ。この知恵と知識を活かし、1986年よりバーベキューコンロ開発を始め、現在はこのバーベキューコンロがブランドを支える主力商品となっているんだとか。

▲9月末発売予定のONOE新製品「CAMBi」。かがり火、焚き火、調理ができるちょっと不思議な道具

さて、気になる「マルチスタンドplus」。いわゆる耐熱焚き火テーブルなんですが、ソロキャンプに使いやすいよう天板はちょっと小さめ。単独利用はもちろん、コネクトして使いやすいレイアウトにアレンジできます。しかも、天板はラス鋼なのでそのまま焚き火にかけられるなど、ギミック満載! それでいてアンダー4000円!
「マルチスタンドplus」にはどんなONOEの技術が投入されているのでしょうか。

 

【次ページ】耐荷重は余裕の約20kg