気分転換にぴったり!1人でボードゲームをやったらプチ達成感を味わえました

<&GP編集部員が買ってみた!使ってみた!>

2度目の緊急事態宣言が発出され、間もなく2ヶ月。普段はゴミ捨て以外、外出することがほとんどなく、机の前に座りっぱなし。だからやることを強制的に見つけないと、1日中パソコンとにらめっこな毎日です。年度末ということもあり、最近はひたすら仕事で、何か気分転換になるものはないかと探していました。

そんな時に目にしたのが、「知恵を絞ってクリアを目指せ!おひとり様ボードゲーム5選」という記事。「そうだ! 最近流行ってるようなのでやってみよう!」ということで探したのが、この「ウボンゴ」(3960円/税別)というパズルゲームです。

知っているゲームは『人生ゲーム』『モノポリー』『カタンの開拓者たち』ぐらいで、ボードゲームを自分で買うのは初めて(多分)の超素人なので、何がいいのか全く分かりません。

まず1人でできること、ルールが簡単なこと、短時間でできること、を基準にザクっと探して行き着いたのがこの「ウボンゴ(Ubongo)」。決め手は、「あっ!テト○スに似てる。だからルールは多分簡単なはず」という単純な理由です。購入したのは「ウボンゴ スタンダード」というもので、購入後に調べたら「ウボンゴ ソロ」という1人用があったようですが時すでに遅し。

ということで、仕事の合間に試してみました。プレイ時間が短いから休憩中にサクッとできるし、ちょっとした達成欲求を満たせるし、気分転換にぴったりなゲーム。人気の秘密が分かりました!

【次ページ】ウボンゴとはスワヒリ語で「脳」

この記事のタイトルとURLをコピーする