革新的なニッポンの文具17選[切る&貼る&測る編]【ニッポン発の傑作モノ】

■ハサミ

プラス
「フィットカットカーブツイッギー」(702円)

▲カーブ形状の刃を採用した切れ味が軽い携帯用ハサミ。長さは135mmで刃渡り42mm

 

クラフトデザインテクノロジー
「item25」(5400円)

▲岐阜県関市で一丁一丁丹念に製造されるハサミ。表面はマットな墨黒で、重厚美を引き立てる

 

山﨑さんのオススメポイント

小さくてもよく切れる! ペンケースに入れておくのに最適

外出先で不意に必要になるのでプラスの「フィットカットカーブ ツイッギー」を持ち歩いています。カーブ形状の刃のおかげで、同サイズ帯のハサミよりも、よく切れて実用的です。デスク用としてはクラフトデザインテクノロジーの「item25」がオススメ。ソリッドなデザイン、マットな質感、そこそこの重量感と、持っているのがうれしくなるハサミです。

 

プラス
「フィットカットカーブスタンダード」(324円)

▲カーブ形状の刃により、根元から先端まで刃と刃の角度が、一番切りやすい約30度に保たれる

【きだてさんのオススメポイント】

この価格でこの切れ味はすごい!

特殊なカーブを描いた湾曲刃で、刃の根元から先端まで一定の切れ味を保つのが、プラスの「フィットカットカーブ」。登場時はメディアでも大きく取り上げられ、数十年ぶりにご家庭の常備ハサミが入れ替わった、と言われるほどの大ヒット商品となりました。500円以下なのに切れ味はシャープで使いやすい。まさにご家庭用としてオススメの逸品ハサミです。

 

 

■のり

プラス
「ノリノプロ」(432円)

▲テープがたるむのを防ぐパワーギアを搭載。長さ22mのロングテープを確実に使い切れる

 

【きだてさんのオススメポイント】

最後まで使えずに不満を感じていたら激しくオススメしたいテープのりです

テープのりは便利だけど、内部でテープが絡まる・たるむなどの故障が起きがち。プラスの「ノリノプロ」はギア機構でテープトラブルを未然に防ぐなど、随所に工夫が施された画期的な製品です。

 

コクヨ
「ドットライナー柄のり ドットライナーコンパクト」(324円)

▲のり面がハートやスター柄のテープのり。テープは8.4m×11mで、強粘着仕様

 

【菅さんのオススメポイント】

ハートや星柄のテープのりでのり付けするのが楽しくなる!

コクヨの「ドットライナー柄のり」は、のりに柄を付けるっていう、その発想が好きです。貼った後には見えなくなるので、のりとしては無駄なことですよね。それをあえて商品化して、さらにユーザーに受け入れられていることがうれしいです。使っていると楽しい気分になります。今はハートと星柄だけですが、今後も増えていくので楽しみです。

 

■ペンケース

コクヨ
「ネオクリッツ フラットBiz」(1944円)

▲ファスナーを開けて上部をめくるとペンスタンドになり、使いたいペンがひと目でわかる

【きだてさんのオススメポイント】

ペンケースにもペンスタンドにもなる。持ち歩きやすく使いやすいです

コクヨのネオクリッツフラットは、ペンスタンドに変形する機能性ペンケース。これまでの “筆記具を持ち運ぶだけのコンテナ”というペンケースの概念を覆した画期的な製品です。ネオクリッツの初代が登場して以降、各メーカーからも機能性の高い進化版ペンケースが続々と発売されるようになりました。そういう意味でもエポックメイキングなペンケースですね。

 

インダストリア
「セパレートペンケース」(7560円)

▲一人の職人が裁断から縫製まで丁寧に仕上げていく。ペンを一本ごとに収納できる

 

山﨑さんのオススメポイント

大事な万年筆でも安心していれておけます

インダストリアの「セパレートペンケース」は、しなやかで風合い豊かなシュリンクレザーを使っています。傷がついても目立たず、使い込むほどに味が出てくるので、気軽に持ち歩けます。ペン一本一本をホールドしてくれるので、大切に扱いたい万年筆を安心して入れておけますね。ペンホルダーの反対側には、薄いメモ帳やスマートフォンを入れるのに適したポケットが用意されています。

 

■テープ

コクヨ
「カルカット(クリップタイプ)」(388円)

▲着脱が簡単なクリップタイプのテープカッター。切り口がキレイなカルカット刃を採用する

 

【きだてさんのオススメポイント】

マスキングテープが簡単キレイに切れる!

多彩な柄で今やコレクションアイテムとして人気のマスキングテープですが、できれば集めるだけでなく、色々と活用してもらいたい。そこでおすすめなのがコクヨの「カルカットクリップタイプ」。クリップの要領で簡単に脱着できて、テープが素早く切れます。切り口がギザギザせずシャープなので、手紙やカードに貼るなど装飾用には最適ですよ。

 

カウネット
「音の出にくい透明テープ(10巻入り)」(528円)

▲テープを繰り出す時のビリビリ音が鳴らないテープ。幅15mmで長さは35m

 

【菅さんのオススメポイント】

使う時のビリビリ音が出ないテープ

カウネットの「音の出にくい透明テープ」は、セロテープを引っ張った時に鳴る“ビリビリィ~”という音が、鳴らないテープです。小売店に勤務していた時に、あの音がお客さんの前で鳴るのに困っていた経験があり、音の出ないこのテープは凄いなと。また、この製品には、周囲にいる人たちへの配慮を感じますよね。オフィスや事務所でも役立ちますよ。

 

LION
「テープカッターNo.40」(2214円)

▲18mm幅までの太巻/小巻の2種類のテープに対応。ブラックのほかホワイトを用意

 

山﨑さんのオススメポイント

実用性が高く美しいテープカッターです

「LION テープカッター No.40」は、事務用品の定番品を数多く作ってきたライオン事務器によるものです。重みのあるスチール製な上に、底面に滑り止めのウレタンが貼られていて、テープを引き出すときもビクともしません。だから片手でテープを引っ張れます。無駄のないデザインは機能美とも言えるほど。デスクに置いておくとカッコいいですよ。

 

>> [特集]ニッポン発の傑作モノ

 

 本記事の内容はGoodsPress11月号38-39ページに掲載されています

[関連記事]
レッツノートの"忍耐強さ”はリアルな品質試験の賜物です【ニッポン発の傑作モノ】

エコカー大国ニッポン!すべては「プリウス」から始まった【ニッポン発の傑作モノ】

革新的な国内ステーショナリー[書く&消す編]【ニッポン発の傑作モノ】


(取材・文/河原塚 英信 写真/湯浅立志<Y2>)

トップページヘ