キットカットが東京ばな奈と共演。味のこだわりを2分47秒の“Apple風動画”でチェックしよう!

■どことなくジョナサン・アイブの熱弁を連想させるストーリー

東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」は、東京ばな奈の美味しさや食感を「キットカット ミニ」に凝縮した、新感覚のお菓子です。

キットカットの特徴といえば、なんといってもサクサクとした食感。一方、東京ばな奈の特徴は、手にした時や口に含んだ時のしっとり感でしょう。そんな相反する特徴を、新製品はどのようにして両立したのでしょうか?

その秘密を解説したのが、こちらのPV。キットカット、東京ばな奈の双方に注ぎ込まれている両社こだわりのレシピと、東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」に盛り込まれた情熱が伝わってきます。

PVによると、キットカットのサクサク感を生み出しているのは、チョコレートの中にある厚さ2mm×3枚のウエハース。

東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」は、そこに東京ばな奈ならではのしっとり感をプラスするために、ウエハースとウエハースとの間の層に盛り込むクリームを、できる限り滑らかに仕上げたというのです。その結果、しっとり感とサクサク感の絶妙なコンビネーションが実現しました。

言葉にすると簡単そうですが、実は新レシピの開発は、困難の連続だったとか。イノベーションを起こすために、できること、考えられることはなんでも試した結果、ウエハースの間のクリームにしっとり感を与える秘策を発見できたといいます。

このように、新商品を解説するPVは巧みなシナリオで展開されていくのですが、それはどこか「iPhone」や「MacBook」などをとりまとめたApple社のインダストリアルデザイン担当ジョナサン・アイブが、Apple、そして自身のデザイン哲学について熱く語るPVにも通じるものがあります。

東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」のPVに登場するのは、もちろんジョナサン・アイブではなく、ウサギとクマのキュートなパペットですが、キットカットの構造を解説する図や、ウサギとクマが語る数々のこだわりは、Apple社のPVを、いい意味で上手にパロディ化していますよね。

制作担当者が「テレビCMよりもはるかに低予算でしたが、面白くなりこだわり抜いてつくりました!」という話題のPV。新しい東京みやげを美味しく味わいながら、こちらのPVもチェックしてみてはいかがでしょう? ちなみに、PVには続きがあり、第2弾は12月15日頃公開予定だとか。続編もお楽しみに!

なお、東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」は、2018年1月10日より、関東エリアの空港、駅、高速道路などのショップなどでも販売予定。価格は8枚入りが702円、15枚入りが1296円です。

>>東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」

(文/&GP編集部)


[関連記事]
これはレア!つまんで食べたい 「寿司キットカット」

わずか1分で「抹茶」が楽しめる!コーヒーマシン用抹茶カプセル発売!

コスタリカ仕込み、アメリカで大人気のチョコレートが食べてみたくなる!


トップページヘ