その4Kテレビ、チューナーは「新4K8K衛星放送」対応になってる?

すでに一部で試験放送などがはじまっている4K・8Kサービスも、2018年12月1日から本放送スタート。NHKと民放キー局のほか、有料チャンネルのスカパー!やWOWOW、ショッピングチャンネルのQVCなども参入し、4K・8Kコンテンツを続々放送予定だそうですが、これらの新4K放送はこれまでの衛星放送とは異なる規格で放送されるため、専用のチューナー内蔵型4Kテレビでなければ観られないんです。

現状、「新4K8K衛星放送」を受信できない4K対応テレビは、累計で900万台に上るのだそう。

「せっかく4Kテレビを持っているんだから活かしたい!」、「2020年の東京オリンピックを4Kの美しい映像で観たい!」というのなら、4K Smart Tuner「PIX-SMB400」を導入しましょう。今使っているBS・110度CSの受信環境にこのチューナーを足すことで、新4K衛星放送を4K対応テレビで楽しめます。USB対応のハードディスクを接続すれば、新4K衛星放送の録画にも対応するそう。

また、「PIX-SMB400」にはAndroid TV OSが搭載されているのも大きな特長。これによってYouTubeや、世界最大級のオンラインストリーミングサービ・Netflixの多彩な4Kコンテンツにアクセスができるのです。さらにアプリをインストールすれば、スポーツの生中継やVODでの映画鑑賞、ゲームアプリなど、さまざまなコンテンツにも対応。

リモコン自体には、Netflixボタンが搭載されているうえ、音声認識機能つきなのでGoogleアシスタントボタンを押して話すことでコンテンツを簡単に検索できます。Google Home などのデバイスとの連携ができるのも魅力です。

映像ライフをさらに豊かにしてくれそうな「PIX-SMB400」は、ピクセラ オンライン ショップを初めとする通信販売サイトおよび全国の家電量販店にて予約販売中です。

>> ピクセラ「4K Smart Tuner PIX-SMB400」

 


[関連記事]
BS・CSの4K8K衛星放送って専用チューナーがないと見られないって知ってた?

大画面で高画質。仕事は捗るし4K配信コンテンツも楽しめるぞ

超アタマのいい4Kテレビに、パナソニックの新たなモノづくりとは?【最新家電レポ5選】


(文/&GP編集部)

トップページヘ