歩いてTポイント貯めて健康に! TONEモバイル「ライフログ」

「横断歩道の青信号の時間は1mにつき1秒と決まっています。時速3.5km以下でしか歩けないようになってくると、横断歩道を渡りきれなくなる。こうなってくると認知症のリスクがかなり高いのです」

 

P1010686

同発表会には、「中之条研究」で有名な東京都健康長寿医療研究センターの青柳幸利(あおやぎゆきとし)博士が登壇。高齢者の健康にとって最も重要なのは“足腰の丈夫さ”であると説きました。

「中之条研究」とは、青柳さんの生まれ故郷、群馬県中之条町で2000年から実践している健康実験のこと。町内の65歳以上を対象に活動量計を配布し、回収したデータを血液検査や遺伝子検査、生活習慣と合わせて詳細に分析することで、「歩数」と「中強度の活動時間」による健康づくりの指標が作られました。この指標を基にした健康法「中之条メソッド」がTONEの健康管理サービス「ライフログ」とコラボしたわけです。

 

P1010702

 

「実は、“歩数”というのは、日本から輸出された数少ない健康管理の指標なのです。同研究では、1日に8000歩かつ中強度20分の運動を行なうことで、糖尿病や高血圧のリスクが下がっていることが明らかになっています」(青柳氏)

「最も健康効果が高いのは中強度の活動です。運動強度が弱すぎる場合、健康効果があまりないことが分かっています。一方、強すぎる運動は活性酸素を発生させるので、健康維持の観点ではオススメしづらい」(青柳氏)

椅子に座っている状態が、運動強度でいう“1 METs(メッツ)”という単位に当てはまります。中強度の運動というのは、安静時の3~6倍の運動強度(3~6 METs)です。軽く息切れする程度の運動をイメージしてもらうと良いでしょう。ただし、この単位は最大酸素消費量を基準にしているので、実は年齢によって“中強度”の意味合いが変化します。なお、TONEのライフログでは、年齢を入力することで運動強度を調整してくれます。

 

トーンモバイル

 

さて、本サービスの大きな特徴は、「8000歩・中強度20分の運動をクリアすることで、Tポイントが1ポイント貯まる」という点です。

 

WS000001
ライフログのダッシュボード画面には「あと〇〇歩でTポイント1pt獲得です!」などのように表示されます。なお、8000歩だけをクリアしてもポイントは付与されず、中強度の運動を20分間行うという条件もクリアされる必要があります。
WS000003

 

ちなみに条件をクリアすると「本日20分と8000歩達成しました」と表示されます。

 

「研究開始当時はスマホなんてありませんでした。加速度センサーを搭載した測定器を使って、データをかき集めていたのです。毎月被験者の方から回収してUSB経由で回収していたので大変でした。今はスマホを使って誰もが簡単に測定データを見える化できる。その上、ポイント制度があるので、継続するためのモチベーションも維持しやすいでしょう」(青柳氏)

なお、Tポイントの付与については1日1ポイントが原則です。しかし、今後は「体育の日」などを狙ってポイント倍増キャンペーンを実施していきたいという狙いもあるそうです。

 

P1010748

 

「秋や冬には、歩数が2000くらい下がるというデータがあります。こういう時期にこそ付与するポイントをアップするキャンペーンなどを行なうと良いかもしれません。別に“寒空の下で運動をする”というわけではなくて、”空調の効いた書店に本を買いに来る”とかでいいのです。目的を持って出かけることが活動量を増やすことにつながりますから」(青柳氏)

TONEには、健康管理機能のほかにも「見守り機能」も付いています。「健康」や「安心」を謳う本機は、「家族に持たせたい端末」として独自の魅力を持っています。

(文/井上 晃

inoue_akira_s

いのうえあきら/ライター

スマートフォン関連の記事を中心に、スマートウォッチ、ウエアラブルデバイス、ロボットなど、多岐にわたる記事を雑誌やWebメディアへ寄稿。雑誌・ムックの編集にも携わる。モットーは「実際に触った・見た人だけが分かる情報を伝える」こと。編集プロダクション「ゴーズ」所属。

 

トップページヘ

関連するキーワード