屋根の「瓦」がモダンなインテリアに!キッチンにどうぞ

山梨の老舗瓦屋・一ノ瀬瓦工業が、伝統ある日本の瓦をより身近に生活のなかで手に取れるようにと立ち上げた新感覚の瓦ブランド。アートディレクターとして、bathing apeでグラフィックデザインを手がけたのち2011年に独立、現在メディアクリエイターとして活躍中のハイロック氏を迎えている。

icci_image (6)

coaster-2

瓦コースター家紋 (一富士) 1944円

coaster-1

瓦コースター家紋 (左三つ巴) 1944円

coaster-3

瓦コースター家紋(丸に立ち沢潟)1944円

 

いずれも瓦独特の色と質感の美しさを活かしつつ、現代的で洗練されたデザインがそろった。公式サイトでは、この新ブランドの世界観を伝えるために、instagramで10万人を超えるフォロワーから人気を集める「cafenoma」こと弓庭暢香、刈込隆二両氏によるプロダクトイメージを発表。伝統的な日本瓦の質感が、現代的なインテリア空間に意外なほどしっくりとなじみ、新鮮な魅力を放っているのがわかるだろう。

 

kawara_penstand_03 (1)

瓦ペン立て 8100円 (文具除く)

kawara_bowl(slim)_01

瓦ボウル(スリム) 5616円

kawara_bowl(fat)_01

瓦ボウル(ファット)  5616円

kawara_beans_03

瓦ビーンズ 648円(製品はコップの中身)

オンラインストアにて6月5日より発売開始。

http://icci.shop-pro.jp/
(文/&GP編集部)

トップページヘ