走りながらでもブレ補正!初心者でも失敗知らずのムービー撮影

特筆すべきは、従来機比約15倍という強力な手ブレ補正機能。子どもやペットと一緒に走りながらの撮影でもブレを抑えてくれるというから驚き。三脚の出番も減るので荷物も減らせます。

20170110_cx680_10

オートフォーカスも高速・高精度。急にカメラの向きを変えたり、ズームした際にもすばやくピントを合わせてくれ、撮影チャンスを逃しません。

20170110_cx680_11

動く被写体を追尾してフォーカスする「ロックオンAF」機能も搭載。運動会でも頼りになります。

カラーは定番のホワイトに加え、新色のブロンズブラウンとレッド(HDR-CX680のみ)もラインアップ。

20170110_cx680_01

2機種の違いは内蔵プロジェクターの有無。「HDR-PJ680」にはプロジェクターが内蔵されているため気軽に大画面の映像が楽しめます。

20170110_pj680_06

価格はオープン価格で、市場推定価格は「HDR-PJ680」が8万円前後、「HDR-CX680」が6万5千円前後となっています。

いずれも発売は1月20日予定。

>> ソニー デジタルビデオカメラ ハンディカム

 


[関連記事]
4K動画上にデータを表示!アクションカムの新たな楽しみ方が誕生!

誰でもキレイに撮れる!映像の傾きを知らせてくれるビデオカメラ

まさにSFの世界!360度カメラと「Gear VR」でガチVR体験


(文/&GP編集部)

トップページヘ