世界の機内食案内[28]Aeroflot Russian Airlines モスクワ〜パリ往復

【モスクワ~パリ】SU2454

アサインされたチケットは、モスクワ10:20発パリ行きのSU2454便。にもかかわらず、空港近くのホテルを朝6時に出発ですから、うかうか寝てもいられませんでした。

前夜は雪が舞っていましたが、翌朝は雨に変わっていました。

モスクワ・シェレメティーヴォ空港の待合にあった電源&USBポートのステーション。なかなか見つからない空港もありますが、ここはわかりやすい。

小雨がパラつく中、沖止めされている機体に乗り込みます。

離陸したのは10:50頃。パリまでは約4時間のフライトです。機内エンターテイメントはありません。

朝10時が朝食か昼食かの分かれ目らしく、この便は出発が10時を過ぎていたので昼食メニューになりました。サーブされたのは、離陸から約1時間後です。

◯スモークサーモン、パプリカセロリ、レタスのサラダ ブラックオリーブ添え
○プロヴァンサルラム  ペンネ添え
○バターロール、ライ麦パン、バター
○フルーツバー
○コーヒー/紅茶

メインは「タラゴンソースのチキン ライスと野菜添え」か「プロヴァンサルラム ペンネ添え」から選べました。チキンはどこでも出てきますので、ラム肉をチョイス。ラム肉に含まれるカルニチンの効果で、食べても太りにくいとされていますから、選ばない手はありませんよね。味もおいしかったです。

昼食にはワインが出ます。朝食にはワインの提供はありませんので、ラッキー!
メインにラム肉を選んだので、赤ワインと迷いましたが、白ワインにしてみました。ワゴンに載っているボトルをチラ見すると、オーストリアのシャルドネです。果実味たっぷりでコクがあり、樽のニュアンスのないシャルドネは、ラム肉と相性が良かったです。

ワインを飲みながら、ゆったり食事を摂れたので、食事を終えてから到着までは、あっという間に感じました。

 

【次ページ】【パリ~モスクワ】SU3005