小腹が空いた時に!保冷剤にもなる冷凍たこ焼きで「食べるスープ」-ソトメシ特集②

■キャンプの相棒、インスタントスープが主食に変身

インスタントスープを作る際、ちょっと物足りないなと思った時は食材をプラスしてアレンジしたりするわけですが、手軽にボリュームアップできるのが冷凍たこ焼きです。冷凍食品は保冷剤がわりになるし、調味済みなので手間がかかりません。だからこそキャンプ向きの食材というわけ。

しかもたこ焼きは粉モノだから満腹感も得られます。米を炊くのが面倒なときには、主食としてもいいんですよ。

 

▼作り方

好きな味のインスタントスープを用意。お吸い物やコンソメ、トムヤムクンなどスッキリ系の味ばかりか、クリーム系も思いのほか合います。あれこれ冒険してみては。

そして冷凍たこ焼き。スープに入れて時間がたつと軟らかくなりすぎるので必要な個数だけ使います。

160cc×人数分の水を沸かし、冷凍たこ焼き、インスタントスープを入れて煮ます。余った野菜をプラスしても良し。たこ焼きを少量の油で表面を揚げ焼きにしておくと揚げ出し風になりますよ。

溶き卵を菜箸で細く流し入れましょう。

卵がふわふわになったら火を止めて、できあがり。

>> [ソトメシ特集]

 


[関連記事]
小さな調理スペースがあればお一人様ソトメシがはかどります!

天板で調理もできる!テーブル上で使えるミニ暖炉

軽くて強くて心地良い!アウトドアチェアはこうでなくっちゃ!


(取材・文/大森弘恵)

トップページヘ