キッチンお役立ち「真空パック」で料理と保存がラクになる!

カサが減って、野菜庫に入れやすくなりました。

 

次は大物。

「安い!かっこいい!!」と買っては冷凍焼けさせてしまう食材NO.1「鯛兜」。
IMG_1874
こんなデカイの大丈夫だろうか…。
IMG_1875

大丈夫だった!

 

お魚のように水気のある食材は、吸引につれ水分が上がってきますが、吸引口に水が入ったら自動で止まってくれます。ハンディフードシーラー本体の口部分は水洗い可能なので、衛生的にも安心。


 

ハンディフードシーラーを駆使してホームパーティ!

これは意外なほど手軽&簡単で、横着モノな私にぴったり! てなわけで、真空パックのチカラを駆使し「春のホームパーティ料理」と「お弁当」をどれだけラクに作れるか挑戦です。

まずはパーティー料理から!

早速取り出したのが、さっきパックしたばかりの鶏胸肉。
IMG_1883
そのままお湯にぽちゃり。あとは70度を保ちながら1時間ほど放置するだけ!

このフードシーラーバッグは、70度までなら湯煎可能です。炊飯器の保温機能を使って湯煎するのも便利かも(機種によっては保温が70度以上の場合があるので要注意)。
IMG_1950
実働5分ほどで「鶏胸肉とクレソンの横着サラダ」が完成しました。

 

■作りっぱなしで真空に! 簡単おつまみ
パーティにはおつまみも必要です。
IMG_1918
ドライトマトを戻して、上からドボドボとオリーブオイルをかけるだけ。
IMG_1933

 

フードシーラーリッドをかぶせてハンディフードシーラーで吸引すれば、いつものガラス小鉢が真空容器になりました。
IMG_1969
容器とリッドがぴったりくっついて、持ち上げても落ちない!

 

IMG_1976

 

冷蔵庫に入れておけば、バルブ部分のつまみを開けて蓋を取るだけで出せる横着おつまみです。

 

■スープは鍋ごと冷蔵庫へ!

IMG_1942
早春の味オニオンヌーボーをコンソメキューブと一緒に煮ただけのスープ。
IMG_2017 IMG_2019
鍋に直接フードシーラーリッドを付けて吸引すれば真空保存容器になります。冷蔵庫に入れておけば、温めなおすだけです。

 

■味付け肉と茹で野菜パックで簡単メイン料理
メインはやっぱりお肉!
味付けした骨付豚ロースを前日など事前に用意し、そのままパックしておきます。
IMG_1894 フードシーラーバッグは液体NGなので、シーズニングたっぷりと少量のオイルをまぶします。
IMG_1948

お客さんが揃ったら、新ジャガイモとオーブンに突っ込んで「横着ローストポーク新じゃが添え」の完成です。
IMG_1891

ブロッコリー、芽キャベツ、スナップエンドウなどで「春野菜まとめ茹でパック」を作っておいたので、付け合わせも楽チン。

パーティー料理に関しては、真空保存によって作り置き料理もフレッシュ感を失わないので、当日のバタバタをかなり軽減できそうだと感じました。


 

次のページへ