マツダ「ロードスター」シリーズが進化。一番の注目は赤い屋根の「レッド・トップ」!

初代モデルの発売以来、累計で100万台の生産台数を突破。2016年には、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーとワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを世界で初めてダブル受賞するなど、今やマツダの看板車種となっている「ロードスター」。

その現行モデルである4世代目のロードスターと、特徴的なハードルーフを装備した「ロードスターRF」に、発売以来、初の商品改良が実施されました。併せて、特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」も追加。どのモデルもロードスターならではの“人馬一体”をテーマに、走る楽しさをさらに磨き上げています。

【次ページ】ダークチェリー色のソフトトップが映える特別仕様車