これバルミューダじゃないんです!ブラックな白物家電のこだわりとは?

■見た目だけじゃない!小さなこだわりがぎゅっと詰まった家電たち

2月に発売する4製品が優れているのは、デザインだけではありません。いずれも”上位モデル”というわけではないですが、きちんと使い勝手を考えた設定や機能を搭載しています。

IH炊飯ジャー「NW-SA10型」は、圧力機能は非搭載ですが、そのぶん手入れがしやすいのが魅力。使用後に洗うのは内釜と内フタだけで構いません。

▲圧力機能非搭載は最近の炊飯器には珍しいが、手入れがしやすいという一面には改めて気付かされた

30代の共働き・子育て世帯をメインターゲットとするシリーズなので、「ベビーごはん(離乳食)」メニューを搭載。4段階の柔らかさで離乳食用のおかゆが作れます。

▲ピンポイントに子育て世帯に響く機能を搭載。20メニューのレシピブックも付属する

さらに、「ほう!」と感心したのが、内釜の水位線。水を入れると目盛りの色が変化して見やすくなる「はっきり目盛り」を採用しており、細やかな使い勝手の良さを意識しています。

▲長らく非圧力で炊いたごはんを食べていなかったが、NW-SA10型で炊いたごはんはさっぱりしていて、食べやすい印象を受けた

▲タコの炊き込みごはんを試食。購入前に実際に白米と炊き込みごはんが試食できるのはありがたい

 

■ミルク作りに便利な70℃保温を採用

30代の共働き・子育て世帯をメインターゲットとするシリーズだと前述したが、マイコン沸とう電気ポット「CP-CA12型」では、ミルク作りに最適な70℃保温と、コーヒーがおいしく淹れられる90℃保温が選べます。

▲2つの温度帯が選べる。コーヒーカップ2杯分(約240ml)は約2分で沸騰する1300Wの「ハイスピード沸とう」となっている

また、お湯が飛び散りにくい「ゆっくりカフェドリップ給湯」となっており、電気ポットでコーヒーや紅茶を飲む人にも使いやすい仕様になっています。

【次ページ】紙フィルターだから手入れがしやすい