これバルミューダじゃないんです!ブラックな白物家電のこだわりとは?

■紙フィルターだから手入れがしやすい

コーヒーメーカーといってもさまざまな種類がありますが、STAN.シリーズの「EC-XA30型」は至ってシンプルです。水をヒーターで2回加熱して、熱湯と蒸気でコーヒー豆全体を蒸らしてからドリップしますが、そんなに目立った機能がある製品ではありません。

そのぶん、手入れのしやすさを重視した感じがします。ガラス容器とバスケットが一体型になっており、紙フィルターを使ってコーヒーを抽出する仕様なので、使い終えたコーヒーかすの処分のしやすさはピカイチです。また、給水や手入れがしやすい「はずせる水タンク」も、地味ではありますが毎日使うことを考えると便利なポイントです。

▲ここに紙フィルターをセットしてコーヒーを抽出する。フィルターを付けることも検討したが、手入れのしやすさを優先したそうだ

 

■見た目以上に大容量な深型プレート

最近はおしゃれなホットプレートが流行っていますが、このSTAN.シリーズの「EA-FA10型」も負けてはいません。一見すると非常にコンパクトな見た目なのですが、サイズは幅44.5×奥行30.5×高さ14cm.。

▲これまでのホットプレートは外枠が2枚の樹脂でできていたので厚みが出ていたが、EA-FA10型は外枠を厚めの1枚のプレートにしたことで省スペース化を図った

深さ4cmの深型プレートを採用するので、パエリヤやブイヤベース、かさばる蒸し料理なども作れます。プレートの表面は浅い凹凸のダイヤカットディンブル仕上げで、油なじみがよく、焦げ付きを防いでくれるそうです。

▲おかずだけでなくガトーショコラのようなデザートも作れる。20メニューのレシピブックも付属する

▲温度調節プラグを収納するケースは、レシピブックスタンドとしても使える。この小さな工夫がいい

「STAN. TABLE」の1階は展示スペースとカフェスペースで、2階には試食できるメニューが並べられています。また、土日祝限定でホットプレートを使った調理体験も開催。体験は店頭での予約制となり、予約受付は2月1日から開始しています。

STAN..シリーズは、手頃な価格で機能とデザインのいい家電が欲しい人にぴったり。STAN. TABLEに足を運んで、実際に見て、体験してみてはいかがでしょうか。

>> STAN.

 


[関連記事]
料理もできる電気ケトルなら温泉たまごも作れるんですよ!

二度づけし放題!? 小型卓上フライヤーで“おひとり様串カツ”を手軽に楽しもう

今あるトースターでも“中ふわ外カリッ”なトーストが焼けるって!


(取材・文/今西絢美

いまにしあやみ/エディター、ライター

いまにしあやみ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」所属。スマートフォンなどのデジタル製品を中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。趣味は食べ歩きで、食にまつわるサービスや製品のチェックがライフワーク。

トップページヘ