【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】大きくなって快適性と走りの実力がアップする新しい「カローラ」

「カローラ」といえば、1966年のデビュー以来、50年以上に渡って作り続けられているトヨタ自動車の看板車種です。

日本国内だけでなく、世界的にもヒット商品となり、累計の生産台数は4600万台オーバー。“世界一売れた普通乗用車”として、ギネス記録にも認定されています。

そんなカローラが生まれ変わり、この秋、登場予定。トヨタ自動車の公式ホームページ上には、すでに新型へとシフトした海外仕様の写真が掲載されるなど、周囲の期待も高まっています。

今回は、そうした海外仕様の写真などから、新型カローラの魅力について予想してみたいと思います。

【次ページ】共通プラットフォーム採用も日本仕様は専用設計に