本質を極めた、さらなる白さ。ニッポンが誇る機械式時計の正統とは?

提供:セイコーウォッチ

セイコーの機械式時計の伝統を受け継ぐ「セイコー プレザージュ」。人気の琺瑯ダイヤルモデルがリニューアルした。かつてない白さ、そして艶やかさを導き日本の美意識、匠の技を披露している。

 

■匠の技を用いて現代のクラシックを表現

セイコーの100年を超える腕時計作りの伝統を受け継ぐ機械式時計ブランド「セイコー プレザージュ」。なかでも人気を博しているのが琺瑯ダイヤルを備えたモデルだ。

「SARW035」/12万9600円

▲このシリーズから琺瑯色をより純白に近づけることに成功。新たにブランドロゴを文字盤に置き、堂々とした顔つきを見せている。自動巻き、SS、径40.5mm、シースルーバック、クロコダイルストラップ、デュアルカーブサファイア風防、10気圧防水

ガラス釉薬を焼成する琺瑯ダイヤルは、何十年と使用しても色褪せず、いつまでも美しい艶を保つと言われる。もちろん美しさだけでなく、実用性においても充分なスペックだ。前作からのリニューアルにより、琺瑯色はさらに白くなり、時計のスマートな印象がランクアップ。何回も重ねて印刷することで、細身のローマンインデックスをクッキリと見せ、視認性を高めている。

▼ここに注目!「デュアルカーブ風防」

サファイアガラス風防はデュアルカーブ形状。内側には無反射コーティングを施し、あらゆる角度から文字盤を見ても、インデックスが歪んで見えないのが特徴だ。文字盤の凸面に合わせ、針の先端を曲げているのも、クラシカルな佇まいを後押ししている。

機械式時計を日常で使いやすくするセイコーの独自技術「トライマチック※」も、もちろん搭載。全方位、死角のない仕上がりに、前評判も上々なのだ。

※「トライマチック」とは、機械式時計を日常で使いやすく、安定した精度で、長くご愛用いただくためにセイコーが独自開発した3 つの技術です。革新と伝統に支えられた部品、素材、構造は、それぞれダイヤショック、マジックレバー、Spron(スプロン)と名づけられ、プレザージュの全モデルに採用されています。

▼ここに注目!「新形状のリュウズ」

▲風防の表と裏(文字盤側)を両面カーブさせ、さらに内側には無反射コーティングを施している(トノー型を除く)。これにより文字盤はクリアに、どの角度でも歪まずに見える。またリュウズは逆すり鉢形状のデザインへと刷新。指にしっかりとフィットして、心地よい操作フィールを実現している

■袖元で存在感を主張する気品に満ちたトノーフォルム

「SARX051」/12万9600円

▲アールデコ時代に初登場したトノー(樽)型ケース。丸みを帯びたそのフォルムが、清廉さを極めた琺瑯ダイヤルに合う。自動巻き、SS、縦46×横35.9mm、シースルーバック、クロコダイルストラップ、デュアルシリンダーサファイア風防、5気圧防水

 

■多針のスポーティな表情を、クラシカルなものへと導く

「SARK013」/27万円

▲過去に限定モデルとして人気を博した琺瑯ダイヤルの本格機械式クロノがいよいよ通常ラインナ
ップに加わった。インダイヤルの凹み処理も見事だ。自動巻きクロノグラフ、SS、径42mm、シー
スルーバック、クロコダイルストラップ、デュアルカーブサファイア風防、10気圧防水

>> セイコーウォッチ

 

(文/土田貴史 写真/江藤義典)