【TSUTAYAで映像クリエイターと映像企画を発掘!】TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018開催中

年齢や性別、プロ・アマを問わず映像クリエイターと作品企画を募集する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の2018年度の募集が現在始まっている。

募集期間は2018年6月5日(火)まで。

このコンペティションの特徴は受賞作には作品完成までの資金、5000万円以上と制作体制のバックアップが約束されること。3年前から始まり、これまで過去3回の募集で、1000を超える映画企画が応募されてきた。

第1回グランプリ受賞作『嘘を愛する女』は、長澤まさみ、高橋一生などの豪華俳優陣を迎え、東宝がオリジナル企画として10数年ぶりに製作と配給で参加。異例のスマッシュヒットとなった。

今年の7月7日には第1回準グランプリ受賞作『ルームロンダリング』が全国のスクリーンに登場する。

いずれの作品も企画応募したクリエイターはこのTCPで長編映画初監督の座を掴み取った。

©2018「ルームロンダリング」製作委員会

【2018年7月7日公開 出演:池田エライザ、オダギリジョー、健太郎 他】

 

©2018「嘘を愛する女」製作委員会

【2018年7月18日 Blu-ray&DVD TSUTAYA先行レンタル開始】

 

TCPは映画の「企画」を募集するコンペであり、映像制作経験などの条件は特になく、映画企画のアイデアさえあれば誰でも応募可能。

TCP2018のWEBエントリー締め切りは6月5日(火)まで。

将来、映像業界を目指す方、映像化したいアイデアをお持ちの方は、是非応募してみてはいかがだろう。

応募詳細は公式サイトをご確認ください。

>> TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM