宇宙用ブーツにも採用されるリーボックのテクノロジーを街へと巧みにカジュアルダウン!

宇宙飛行士のために“超軽量、履き心地が良く、荷造りしやすい、宇宙旅行”という独特なコンディションに耐え得るスニーカーを開発する目的で生まれた、リーボック独自開発のミッドソールが「フロートライドフォーム」です。

「フロートライドフォーム」は、発泡してできたセルの個々の大きさが均一になるように、フォーム材の配合を工夫することで、クッション性と反発性を両立。さらに、EVAフォームの重量のおよそ半分となる軽量性も実現しています。

そんな「フロートライドフォーム」を採用し、レトロランニングモデルとして人気を誇る「GL 6000」のデザインを踏襲したのが、本作「フロートライド 6000」となります!

続きを読む