【VW up!GTI海外試乗】走り&ルックスに初代ゴルフGTIへのオマージュを感じる:河口まなぶの眼

VW(フォルクスワーゲン)のエントリーモデル「up!(アップ)」に、同社伝統のスポーツグレード「GTI」が追加。日本には、そのうち限定600台が導入されることになりました。

この結果、高性能を武器にホットハッチのカテゴリーを構築した長兄の「ゴルフGTI」、up!GTIと同じタイミングで日本導入が始まった「ポロGTI」と並んで、ここ日本でも、GTIの“3兄弟”がそろい踏みとなりました。

そんなup!GTIを、YouTubeチャンネル「LOVECARS!TV!」を始め、雑誌、Webと多彩なメディアで活躍する河口まなぶさんがひと先にドライブ。人気自動車ジャーナリストは“一番小さなGTI”に対し、どんな思いを抱いたのでしょうか?

【次ページ】V8エンジンにも似たドロドロとした響きが迫力満点