【キャデラック XT5クロスオーバー試乗】独特の豪華さが魅力の“サードウェーブ”SUV

とにもかくにも、今、クルマ業界ではSUVが大人気。1990年代の終わりにアメリカで火がついたSUVブームは、やがて“定番”となり、その数年後、ヨーロッパへと飛び火し、近年、日本にも勢力が拡大してきた。

そんな日本のSUV人気は、どれほどのものなのか? なんとSUVの販売台数は、5年前の2倍増しというから驚かされるばかり。新車販売ランキングの上位にもSUVがランクインし、昨2017年には約45万台のSUVが売れた。

あらためてカウントしてみると、車高を上げたハッチバックを始めとするクロスオーバーSUVも含めれば、現在、日本で買えるSUVは、日本車と輸入車を合わせて50モデルを超える。まさに、百花繚乱の状態ともいえる多彩な選択肢は、セダンやミニバンの比ではなく、今やブームを超え、定番ジャンルのひとつになったといっても過言ではない。

【次ページ】アメリカの高級SUVは高級な仕立てがウリ