【キャデラック エスカレード試乗】世界のVIPを魅了する巨大アメリカンSUVの本当の実力

なんという存在感だろうか。周囲を圧倒し、その場の空気を支配。まさに、権力の象徴とでもいうべきオーラを放っている。久しぶりに触れたキャデラック「エスカレード」を前にして、改めてそんな印象を強くした。

エスカレードは、ゼネラルモーターズの最高級ブランド、キャデラックのフラッグシップSUV。ボディサイズは、全長5195mm、全幅2065mmと、まさに威風堂々とした大きさだが、その存在感の強さは、ボディサイズの大きさだけでは説明できない。

例えば、メルセデス・ベンツのフラッグシップSUVである「GLS」は、全長5130mm、全幅1935mmと、サイズ的にはエスカレードに“ほぼ近い”けれど、エスカレードほど押し出しの強さはないし、威圧感もない。やはりそれは、エスカレードだけが持つ特別なものなのだ。

その、特別なものとは一体何か? 広い室内でそんなことを考えながら、試乗してきた。

【次ページ】内外装の仕上げはまさに“自己主張の塊”