【ジャガー XEディーゼル】新心臓でスポーティな走りが進化:岡崎五朗の眼

Jaguar XE 20d PURE Diesel

日本車とヨーロッパメーカー製の人気車種が、熾烈なセールスバトルを展開している日本の高級車マーケット。

中でも“Dセグメント”と呼ばれるカテゴリーは、メルセデス・ベンツ「Cクラス」、BMW「3シリーズ」、アウディ「A4」のドイツ車“御三家”がほぼ牛耳っており、それを、日本のレクサス「IS」が追走するという状態が、長年続いていました。

そんな、実力車ばかりが群雄割拠する同カテゴリーに、イギリスの名門・ジャガーが2015年に送り込んだのが「XE」です。

先頃、ディーゼルエンジン搭載モデルのデリバリーも始まったXEは、強力なライバルたちと互角の戦いを繰り広げられるだけの実力を、果たして備えているのでしょうか?

年間250台近い最新車種を試乗する人気ジャーナリスト、岡崎五朗さんがチェックしました。

 <関連記事>
 【ジャガーXF試乗】新ディーゼルの軽快さに驚愕!

 【ジャガーXE試乗】ドイツ御三家に真っ向勝負!英国の個性派サルーン

 【ホンダ シビックR試乗】限定750台が即完売。新タイプRは何がスゴイ?

 【検証:新カーブランド】フランスの新星・DSが目指す世界とは?

 ■“チームジャガー”でデザインの特徴をアピール

続きを読む

関連するキーワード