【GRシリーズ試乗】“もっといいクルマ”へのトヨタの回答。その走りに開発陣の本気を感じた

トヨタのスポーツカーが大きく変わります。

9月19日、WRC(世界ラリー選手権)やWEC(世界耐久選手権)といった国際格式のモータースポーツに参戦する、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ ガズー・レーシング)が培った技術と情熱を注ぎ込んだスポーツカーの新ブランド「GR」が発表されました。

GRは2017年4月に発足したトヨタ自動車の社内カンパニー、GAZOO Racing Companyが送り出す新ブランドであり、同時に、GRシリーズと呼ばれるスポーツモデルが公開されたのです。

そのラインナップは、「ヴィッツ」「86」「プリウス」など、9車種11車系。台数限定生産となる究極のスポーツモデル「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込み、操る歓びを日常的に実感できる量産型スポーツモデル「GR」、気軽にスポーツドライブが楽しめる「GR SPORT」と、3つの異なるチューニングレベルを設定します。

さらに、カスタマイズを楽しむためのアフターパーツとして“GR PARTS”を用意するほか、スポーツカーやモータースポーツを軸に、幅広いユーザーにクルマの楽しさを広めることを目的とした拠点“GR Garage”を新規に立ち上げるなど、トヨタの“本気”がうかがえます。

発表に先駆け、ショートサーキットで試乗会が開催されましたので、すべてのチューニングレベルが用意されるヴィッツを中心に、GRシリーズをご紹介しましょう。

【次ページ】GRの3つのチューニングレベルと設定車種をおさらい