【ベンツ Cクラス海外試乗】6500箇所を刷新!“EQブースト”の上質な走りが新鮮:河口まなぶの眼

3月に開催されたジュネーブ国際モーターショー2018でマイナーチェンジモデルが初発表され、先日、日本にも上陸したメルセデス・ベンツ「Cクラス」。同ブランドの屋台骨を支える重要なモデルだけに、日本での発表会も「ニューモデルじゃないの?」と感じさせるくらい、力の入ったものでした。

そんな注目の1台を、ルクセンブルクでいち早く試乗してきたのは、YouTubeチャンネル「LOVECARS!TV!」を始め、雑誌、Webと多彩なメディアで活躍する河口まなぶさん。人気自動車ジャーナリストは、日本でも絶大なる支持を集める新型Cクラスを、どのように評価したのでしょうか?

【次ページ】ボディやサスペンションはマイチェン前のそれを踏襲