スクーターだけど悪路だってイケる!ホンダ「X-ADV」は走るステージを選びません

気軽にスクーターと呼ぶには、あまりにメカメカしいすごみを感じさせるホンダ「X-ADV」。新世代ナナハン「NC750S」の、いわば変身バージョンです。

そのため、ボディ構造は一般的なスクーターで用いられるバックボーン形式ではなく、高い剛性が得られるダイヤモンドフレームタイプ。750cc直列2気筒エンジンと、DCTことダブルクラッチ式の6速ATを組み合わせたパワーパックも、ボディ剛性確保の一端を担っています。

また、一般的なスクーターとは異なり、リアサスペンションのスイングアームにエンジンやギヤボックス(CVT)を組み込むことなく、独立したパーツとして機能します。X-ADVのそれは、贅沢にもアルミ合金の一体型。そのため、通常のスクーターとは次元の異なる、走るステージを選ばない路面追従性を得られるのです。

【次ページ】DCTがダイレクトで切れのいい変速を実現