悪路に強いのは分かった!ところでスズキ「ジムニー」って街乗りにはどうなの?

昨2018年にデビューした日本車の中で、話題を集めたのはもちろんのこと、セールス面においても一番の注目を集めたモデルといえば、スズキの軽オフローダー「ジムニー」と普通乗用車規格の「ジムニーシエラ」でしょう。

筆者の回りにも「試乗した!」、「注文した!!」という人が多く、その人気ぶりは、発売から間もなく1年が過ぎようという現在でも、絶好調といったところでしょうか。

しかし、いざ購入するとなると、ジムニーとジムニーシエラの「どちらを選ぶか迷った」、という話を聞くことも少なくありません。ジムニーシリーズといえば、林業関係者を始めとする、悪路を走る必要のあるプロの要求に応えるツールでもありますが、大多数を占める一般ユーザーから見れば、オフロード性能に優れる“SUV”なのです。

例えば、キャンプやアウトドアスポーツといったレジャーで使うのであれば、少なからず高速道路や長距離を走る機会もありますし、そういった使い方ではやはり、街乗り性能も気になります。そこで今回は、ジムニーシエラをテキストに、街乗りと高速道路において、ジムニーシリーズの実力をチェックしてきました。

【次ページ】ジムニーとジムニーシエラの違いはどこに?